fc2ブログ
■□■ リンク先を常にトップにおいておきます■□■
   リクエスト番組紹介のページ  
  ★JYJ情報★
  Twitter JYJ  
  Kstyle トッピクスJYJ 
  DNBN 
  NATE JYJ  
  innolife 
  朝鮮日報 
  ****************************

ジェジュン、元気で行ってらっしゃい!

彼自身が明るく笑って静かに、この日を迎えるから、
私たちファンも、しばしの別れは寂しいけれど、
笑って彼を見送ってあげようと思います。

ジュンスのTV出演のニュースはとても嬉しかったですね。
以前も教育番組への出演はあったけれども、
今回は1時間のステージを彼に与えてくれるということ、
歌とステージを多くの人に見てもらうことができます。

それに、なんといっても、この番組は良質の音楽を特集している番組です

SPACE共感 HP → 
こちら

番組表を見てみると → 
http://www.ebs.co.kr/space/broadcast?y=2015&m=4

4月30日に”XIA”と彼の名前が確かにありますね。

XIAの出演回 → 
http://www.ebs.co.kr/space/broadcast/3756

スペース共感2

Take My Hand

XIA(キム·ジュンス)

XIAの曲<花>は、「Take My Hand(私の手をとって)」という歌詞で始まる。 荒い波風を乗り越えて、自分だけの音楽の道を歩いている彼が私たちに投げかけるメッセージだ。 ミュージシャンとファンの切実な心は、彼の音楽をここに導いた。 お互いの息が感じられ、手が届くだけのような、ここ、
に。

最初の小劇場公演、6年ぶりの音楽番組出演!

2003年アイドルグループ「東方神起」でデビューしたXIA(キム·ジュンス)は、特有のハスキーな音色をもとにした優れた歌唱力、そしてパワフルなダンスで大衆の大きな愛を受けた。 JYJとして活動を開始した後、ミュージカル俳優として歩みを継続し、彼は「モーツァルト! 」、「エリザベー」、「ドラキュラ」など大作に相次いで出演し、<第18回韓国ミュージカル大賞>(2012)で主演男優賞を受賞するなど、実力のあるミュージカル俳優としての地位を固めた。 ミュージシャンとしての活動もおろそかにしなかった。 ダンスとバラード、R&Bなど多様なスタイルが込められたソロ1集⌜タランタレグラ(Tarantallegra)⌟(2012)は、 販売量12万枚を記録し、韓国ガオンチャートの設立以来、ソロアルバムの中で最高の販売量を記録し、日本のiTunes 1位、ドイツアジアンミュージックチャート1位など、国内外を問わず熱い支持を受けた。 また 、2集⌜インクレディブル(Incredible)⌟(2013)は、米国ビルボードワールドアルバムチャート5位を占めており、発売以来、北∙南米、ヨーロッパを含む全世界12都市のツアーを盛況の中におこなって、韓流歌手の威容を現した。

ミュージシャンとしてXIAに再びスポットをあてる特別な舞台

2015年、XIAは3集⌜フラワー(Flower)⌟を発表し、彼の音楽的内面を証明した。 直接作詞∙作曲に参加して内面の話を曲の中に溶かし出し、ナオル‧タブロー‧トッキ‧YDGなど、様々なアーティストとのコラボレーションにより、新たな試みを均等に表わした。 XIA特有のボイスをドラマチックに表現したバラードからトレンディなヒップホップ、そしてエレクトロニックダンスまで多彩な表現と彼だけの新鮮な話法で聴き手の心をつかむ。

最近6年間ブラウン管で顔を見ることができなかったXIA。 彼は最終的に<EBSスペース共感>を通じて観客と視聴者の前に姿を現す。お互いの息を感じることができるほどの小さなスペースで、彼の心の中に込められていた率直な話と分けあいたい音楽を後悔することなく披露する予定だ。スターとしての姿だけでなく、ミュージシャンとして彼を再び照らす特別なステージを期待しよう。

「シン·ジュンヒョン、ソン·チャンシク、そしてジェイソン·ムラーズまで素晴らしいアーティストたちと一緒に 、<
EBSスペース共感>に出演することになってうれしいです。毎回インタビューを通じて小劇場コンサートを夢見ると述べたが、夢が叶ったよ。私の音楽で幸せな共感を得たいと思います。」 - XIA


そして、この番組の収録の公演は

スペース共感1

「4月13日のXIA(キム・ジュンス)の公演は4月6日午後から4月9日まで申請可能です。当選者はコンピューター抽選方式(ランダム)で選定され、4月10日に発表されます。先着順による申請ではないのでお間違えないように願います」

ただ、申請には
 → 
こちら
を読むと、”EBS ユーザID”が必要であり、会員登録のページを見てみると、eメールと携帯番号の登録とその認証番号が必要で、登録した携帯番号にショートメールで送られてくる認証番号みたいなんですが、これが日本の携帯にちゃんと送られてくるのかどうか、?です。
それにしても、至近距離の空間だそうで、この場に参加できる方は本当に幸せですね~。

そして、放送の録画は、こちらで見ることできそうです! → こちら

さて、このSPACE共感ですが、木曜日の夜中12時10分なので、ゴールデンタイムに不特定多数の大衆に見てもらう番組ではないかもしれませんが、本当に音楽が好きな人にとっての上質な音楽番組であり、しかもその音楽の空間を観客と、そして視聴者と共有することがコンセプトであり、韓国では非常に有名で、海外の有名ミュージシャンもたくさん出演している番組だそうです。どこかの大御所の顔色を伺ってるような癖ありランキング番組とは一味違います。「小劇場でのコンサートもぜひしてみたい」って言っていたXIAの夢がまた一つ叶ったようで、嬉しいですね。

私たちファンは長い間、TVで彼らを見ることもできず、
一時は年に一度の公演さえも危ぶまれたその中で、
ただひたすら、彼らを待ち続け、公演の実現に胸躍らせ、
その会場に足を運びました。
年に数回、公演で会えるこの幸せを、機会に恵まれた多くのK-POPファンは知らないでしょう。

S社が豪語し、東方神起として残った2人が認めた”会社によるマネージメントとプロモーションのおかげで東方神起があるんだ”という事実、確かに今の2幕東方神起があるのはS社(A社)のおかげでしょう。
東方神起の活動には、S社とA社のマネージメントとプロモーションの成果がありありと伺えますし、大手の力を感じさせられます。2人になってからのパフォーマンス中心のコンセプトへの変更は成功したのだろうし、ダンスチューンの他に時々、リリースする日本のアイドル並みの危なっかしいバラードも”2人が好き”なファンには格別なのでしょうし、あえてそこにケチをつける必要はないでしょう。
新しい曲をリリースしようとするなら、TV番組やドラマのテーマ曲、主題歌、CFとタイアップ、さまざまなTV番組への出演、雑誌の特集があらかじめ決まっていて、そこには大手の”アイドル運営マニュアル”を見ることができ、さすが大型事務所だと思わせます。

こういった置かれた状況の雲泥の違いの中で、JYJの3人(とC社)は本当によく頑張ってきたと思います。
そして、こういった状況下でも、多くのファンを惹きつけて放さなかった、これが彼らの真の力で、そして、この番組に抜擢されたことが真の評価であるように思えます。

そんな彼らで、そんなファンたちだから、
だから、ジェジュンが兵役で1年9か月、ファンのもとを離れても、なんの心配もいりませんね。

ジェジュン、安心して兵役の務めを果たしてきて下さい。ファンはずっと待ってますよ。

スポンサーサイト



2015.03.31 Tue l JYJ l コメント (20) l top
   祝      JYJ 日本初シングル 

         『WAKE ME TONIGHT』  

JYJ 『WAKE ME TONIGHT』 (short ver.)
 



BrandNewMusicChannel

「続きを読む」からどうぞ

<追記>あり

2015.01.21 Wed l JYJ l コメント (83) l top



明けましておめでとうございます

새해 복 많이 받으세요

「続きを読む」からどうぞ

2015.01.01 Thu l JYJ l コメント (41) l top
sozai-012-pink-s.jpg 

Junsu 28歳 お誕生日おめでとう

우리 준수야 29세 생일 축하해!      

ジュノ君もおめでとう 


141215 JYJ 댄서 인스타그램 영상_준수생일파티

kpkjyj様


昨日、京セラドームで27歳最後の日のジュンスに会って(遠目に・・)、
ファンみんなでハッピバースデーを歌ってきました~

あっという間の5年だった気もするし、とても長い5年だった気もしますね~、
彼らの、そして私たちファンのこの5年間。

2009年の12月と、この2014年の12月。
ジュンスの心の内は変化があったでしょうか?

昨晩、京セラドームで彼らにあって、
彼は、彼らは、2009年、彼らが決めた通り、ゆらぐことなく、変わることなく、
自分たちの道を進んでると思いました。

3人がそれぞれ、自分たち固有の色を持って成長していること、
そしてその色をまた、3人が合わせることで、美しい調和を作り出していること。

会社が与えたコンセプトではなく、自分たちが自分の手で作り出した独自の色、調和。
ジュンスのバラードやダンスミュージックはずっしりとした重厚感で、感動させてくれるし、
ジェジュンのロックは彼ならではののびやかで艶っぽいセクシーさでドキドキさせてくれるし、
ユチョンは都会的な洒落たラップや柔らかな優しい声でうっとりさせてくれましたね~。

そして、なんといっても、彼らの素のままの愛すべき人間性。
楽しい、かわいい、20代の男の子らしい(笑)トークにほっこりさせられました。

今回もユチョンがそれとなく触れていた日本でのさらなる活動展開への希望。
突然に中止になったグッズ販売にしても、
いまだ発表にならない日本事務所やアルバム発売の詳細にしても、
そしてなんといっても、韓国や日本でのTV音楽番組出演がいまだに果たされないこと、
などを思うと、まだまだ、壁があるのだろうと感じます。

大手事務所のアイドルはもし、喉を傷めるなどの不可避な運命で歌手生命を断たれても、
事務所のコネで、MCやバラエティーなどでのTV出演など、生きていく道は残されてます。
ユチョンやジェジュンは一応、役者という選択ができると思いますが、
ジュンスは歌が歌えなくなるとしたら、どのような選択が残されるでしょうか。
会社が面倒を見てくれる大手事務所のアイドルと違って、
しかも、TV出演に障壁がある彼らは、自分たちで、別の生きる手段も考えておかなければなりません。
(まあ、彼らにしてみれば生きるための手段というより、芸能界以外の仕事も自分たちの夢のひとつなんだと思いますが)

そういったプレッシャーと障害の中で、
自分たちの色を作りあげ、見事な3人の調和のステージを披露してくれるJYJの3人は
本当に偉大ですね。
しかも、まったく、そんな大変さを感じさせない、無邪気なかわいい3人っていうのが、
また、素敵なんですね。

年齢的にも、3人は来年は兵役に行くのだろうと思いますが、
時を経ても、いえ、時を経るほどに、
大きな成長を見せてくれる3人にますます期待が高まりますし、
ずっと応援して見守っていきたいと思いますね。

今日15日遅くに、大阪遠征から戻ってきたので、記事がぎりぎりになっちゃいました~
間にあったかな。

また、明日、追記するかも、しれませんが・・・取り急ぎ、これで。


※コメントの方に、少し感想を書き足しました。
2014.12.15 Mon l JYJ l コメント (9) l top

★JYJ Japan Dome Tour 2014 チケット譲渡 掲示板 ★

恒例のチケット譲渡掲示板を設けます。

休止状態のブログではありますが、この、おそらく史上最高と言われる?熾烈なチケット獲得戦において、ファン同士の暖かい助け合い運動のために、今回も掲示板を用意いたしました。
お役に立てるかどうかわかりませんが、ご利用くださいね。

★当落確認/チケット代金入金期間 10/30[木]15:00~11/2[日]23:00


「続きを読む」からどうぞ

2014.10.30 Thu l JYJ l コメント (214) l top